毛根の細胞が死滅していると効果を発揮できないポリピュアEXについて

髪の毛が綺麗な女性

髪の毛は、毛根が細胞分裂を繰り返し行うことで伸びる仕組みになっています。

また、毛根の細胞は、毛乳頭細胞と毛母細胞の2つの細胞に分かれています。

頭皮の下に流れている毛細血管から血液を供給された毛乳頭細胞は、育毛に必要な栄養を毛母細胞に届ける役目を果たします。

そして、毛母細胞は毛乳頭細胞から送られてきた栄養を使って細胞分裂を繰り返す役目をこなします。

そのため、毛根の細胞が健康な状態だと正常に細胞分裂が行われますが、毛根の細胞が弱まると細胞分裂が行われにくくなります。

その影響で、髪の毛が伸びにくくなるので薄毛や脱毛に悩まされることになります。

毛根の細胞が弱っていると、髪はコシがなくて細い状態になるので、自然と抜けやすい髪の毛が生えることになります。

また、毛根の細胞の弱体化によって、ヘアサイクルが乱れることになるので、髪の成長期が短くなります。

なので、抜けないはずの髪の毛が抜けることになるので、抜け毛が増えることになります。

育毛剤であるポリピュアEXは、バイオポリリン酸によって毛乳頭細胞にアプローチして、毛根の細胞を活性化させることができます。

けれども、毛根の細胞が死滅していると、ポリピュアEXを塗っても死んだ細胞を復活させることができないので、効果をもたらしてくれません。

ポリピュアEXは毛根の細胞が弱体化していても、細胞が生きていれば育毛効果をもたらすことができますが、細胞が死滅していると効果を発揮できません。

ポリピュアEXの口コミ情報満載のサイトはここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です